© SELMA All rights reserved.

【トロント冬のイベント】クリスマスの「サンタクロース・パレード」

この間、ちょっと早い、クリスマスのサンタクロース・パレード(The Santa Claus Parade)に行ってきました。

このイベントについて紹介したいと思います。

1913年からトロントで毎年行われている(なんと100年以上も続いているという)、とても歴史のある、北米で最大級の冬のビッグイベントです。

クリスマスといえば、12月下旬ですが、このパレードは、1ヶ月も早い11月下旬に行われます。

「12月下旬(12月24〜25日)は極寒のため」だという理由には納得なのですが、トロントの冬は長い(11月〜4月まで寒い)ので、このサンタパレードが行われる11月下旬でも、凍てつくようなものすごい寒さです。

パレード(大行列)の細かいルートや開始時間などはこちらで確認することができます。

色々な場所から見ることができますが、私たちは、地下鉄クイーン駅周辺(コリアタウン)で、最初に全てのパレードを見ました。

大人から子供までトロント中から集まる、ものすごい人ごみの中、寒さで震えながら、カメラを握りしめて約2時間。ずっと外で立ちっぱなしです。あのサンタを見るために(笑)。

本当に、日本とは比べ物にならないくらい寒かったのですが、マーチングバンド、着ぐるみを着た可愛い子供たちが乗る台車(フロート)、お菓子など食べ物やキャラクターなどの人形、クラウン(ピエロ)、そして、フィナーレを飾るサンタクロースなど、クリスマスらしい色々なものが見れて楽しかったです。

馬に乗っている人たちもカッコ良かったです。

マーチングバンドが素敵でした。

写真を見ているだけで、彼らの素晴らしい演奏が聞こえてくるようです。

ティム・ホートンズ(Tim Hortons)、カナディアン・タイヤ(Canadian Tire)、トロント・ドミニオン銀行(TD Bank)、マクドナルド(McDonald’s)など、カナダの有名企業がスポンサーとして数多く参加しているだけに、とても盛大に行われ街中が大賑わいです。

カナディアン・タイヤの赤い服を着た子供が笑顔で手を振っていたのが可愛かったです。

動物の着ぐるみを着たこどもたちもとても可愛いかったです。

彼らは、ボランティアの子供たちです。

パレードのボランティアはこちらで応募しています(子供の年齢制限あり)。

台車(フロート)の上に乗る子供のボランティアは8〜10歳までです。

台車の上で子供たちも楽しそうでした。

子供だけではなく大人も含めて、3000人以上のボランティアの人々が、パレードに参加しています。

ピエロの格好をした人たち(クラウン)が印象的です。企業によってリクルートされる「セレブリティクラウン」(Celebrity Clown)には、大人から子供まで幅広い年齢層の人が応募できます。応募資格として、子供の場合、年齢制限があります(10〜18歳まで)。給料ももらえるそうです。

一人のクラウンと目が合ったような気が…。

クラウンたちは、握手をしたり、言葉を交わしたりして、人々を楽しませていました。

手を差し出す子供たち一人ひとりに握手をしているキリンも可愛かったです。

パレードは、全部で約2時間30分くらいです。

2時間くらいして、そろそろパレードも終盤に。

ようやくサンタがくる!どんなサンタが見れるのだろう?
・・・と、寒さに耐えつつも、ワクワクしながらとても楽しみにして待っていたのですが。

それまでのパレードがにぎやか過ぎて、最初にサンタを見た時に、正直なところ、ちょっと拍子抜けしました(笑)。

「サンタクロースパレード」と聞いて、クリスマスやサンタクロースが大好きな私は、(たくさんのサンタクロースが街を闊歩するような)一人勝手なイメージや大きな期待を膨らませ過ぎていただけに、最後にようやくでてきたサンタクロースが、たったの一人だけだったので(笑)。

でも、むしろ、一人だけだからこそ、「あのサンタ」を見ることができて良かったと、後からとても貴重に思いました。

ちなみに、このサンタの役割を勤めている方は、何も利益を得ておらず、ただ人々を楽しませるためにパレードに参加しているそうです。

トナカイと共に、たくさんのプレゼントを運び、とても陽気に手をふっていました。

子供たちだけではなく大人まで、多くの人たちに夢を与える、とても素敵なサンタです。

そして、帰り道で、大好きなシンプソンズのサンタも見ることができて大満足でした。

サンタクロースパレード(The Santa Claus Parade)
時期:11月下旬
料金:無料
URL:https://thesantaclausparade.com

ところで、余談ですが、トロントにおける「ヨーロッパ映画祭」(European Union Film Festival)がはじまりました。11月18日~11月30日までです。費用は無料です。ヨーロッパの色々な国(イタリア、スペイン、ドイツ、オーストリア、ベルギー、スロヴァキアなど全部で21カ国)の映画を見ることができます(全部で22あるらしいです)。私も見に行く予定です。ヨーロッパ(とくにスペイン)の映画が大好きなので楽しみです。

関連記事

【英語学習の心得9選】映画「マダム・イン・ニューヨーク」に学ぶ真の国際人が持つ7つの資質

英語学習の心得として、個人的に大切にしていることがいくつかあります。 その上で、刺激になり、英語学習へのモチベーションにもなった大好きな映…

【カナダのお土産】トロントのオススメお土産店 “THE CANADIAN NATURALIST”

イートン・センター内にあるオススメのお土産店が 「THE CANADIAN NATURALIST」です。 カナダの名物メープルシロッ…

【カナダ最大の都市】トロントのオススメ観光スポット8選

トロントのオススメの観光スポットを順番に紹介します。 「トロントの街の特徴や魅力」については、こちらの記事に書いています。 [blogc…

ページ上部へ戻る