© SELMA All rights reserved.

20192/9

【北米のパリ】ケベック・シティのオススメ観光スポット5選

ケベック・シティの三つのエリア

トロントやモントリオールほど大きな都市ではありませんが、ケベック・シティは、まるでヨーロッパのように美しい街です。この街は、大きく三つのエリアから成っていて、いずれのエリアも、徒歩で移動できる距離です。

旧市街(アッパー・タウン)
フェアモント・シャトー・フロントナックを中心とする、城壁に囲まれた旧市街。
名前の通り「(崖の)上にある」街です。美しいセントローレンス川を上から見渡すことができます。
旧市街(ロウワー・タウン)
ロワイヤル広場を中心とする、セントローレンス川の川べりに発展した旧市街。
名前の通り「(崖の)下にある」街です。
新市街
ホテルやレストランなどが集中し、都市として発展している新市街です

私は、旧市街(アッパー・タウン)を中心に観光したので、このエリアについて紹介したいと思います。

1. フェアモント・ル・シャトー・フロントナック

フェアモント・ル・シャトー・フロンテナックは、19世紀末(1893年)に建てられた、「ケベック・シティのシンボル」とも言える、とても歴史のあるホテルです。フランスの古城をイメージして造られ、まるでヨーロッパ中世のお城のように、どの角度から見ても美しく豪華絢爛です。立地もよく、周辺には多くの観光スポットがあります。

セントローレンス川を上から見下ろす高台に建っているので、リバーサイドからの眺めが良く、また、高台に位置しているので、ケベック・シティの至る所から、このホテルを見ることもできます。

このホテルは、トロントに本社を置く「フェアモント・ホテル・アンド・リゾーツ」(Fairmont Hotels and Resorts)によって運営されている、世界的にも名高い名門フェアモントホテルの一つです。

エントランス、フロント、ロビーなどの内装も美しく豪華で、どこを見ても綺麗で、とても上品な雰囲気が漂っています。

観光客向けにホテルを案内してくれるガイドツアーもあります。値段も手頃(大人$8.5〜)です。予約が必要ですが、毎日1時間おきに出発しています(所要時間は約50分です)。

客室は全部で600あり、セントローレンス川が見渡せるリバービューと、ケベック・シティの旧市街が見渡せるシティービューの2種類のタイプがあります。私は、リバーサイドの部屋に宿泊しました。

夜になると、ライトアップされて、美しさがより一層際立ちます。
このホテルについて、こちらの記事で、より詳しく紹介しています。

フェアモント・ル・シャトー・フロンテナック
住所:1 rue des Carrières, Québec City
電話:418-692-3861
URL:https://www.fairmont.com/frontenac-quebec/

2. ノートルダム大聖堂

「ノートルダム大聖堂」といえば、カナダではモントリオールの大聖堂が有名ですが、ケベック・シティにもあります。

ケベック・シティのノートルダム大聖堂は、17世紀半ばに建立されました。

過去に、なんと二度も火災に遭い、それから何度もリノベートされ、1925年に、ようやく現在のような美しい大聖堂に生まれ変わりました。

モントリオールのノートルダム大聖堂と比べたら、規模は小さく、外観も地味な印象でしたが、中に入ると、祭壇を含め、全てが眩いばかりに黄金色に光輝いていて、とても豪華な内装でした。

多くの芸術家が改築に加わったとされているだけに、とてもセンスが良く芸術的です。

黄金色の中に、カラフルに美しく映えるステンドグラスも素敵です。

地下にあるフランソワ・ラバル(フランス系カナダ人の精神構造に大きな影響を与えた司教)のモニュメントと墓を含め、この大聖堂を見学できるガイドツアーがあります。ガイドツアーの料金は$3くらい(入場は無料)です。

ノートルダム大聖堂(Basilique-Cathedrale Notre-Dame de Quebec)
住所:20 Rue Buade
電話:418-694-0665
料金:無料(ガイドツアーは$3)
URL:https://www.notre-dame-de-quebec.org

3. クリスマス専門店「La Boutique de Noel Quebec」

ノートルダム大聖堂のすぐ近くに、とても可愛いクリスマス専門店があります。モントリオールのクリスマスショップ「NOEL Eternel」と雰囲気が似ている、こちらも一年中クリスマスの雰囲気を味わうことができるお店です。

このショーウインドウ越しに見える店内の雰囲気(クリスマス一色の世界観と可愛いトナカイの置物)に惹かれ、中に入らずにはいられなくなりました。

クリスマスツリーの装飾品、リース、人形などは勿論、キーホルダー、ぬいぐるみ、お菓子、文房具や雑貨など、ケベック・シティのお土産などもたくさん揃っています。装飾品は5000種類以上もあるそうです。

ノスタルジックで温かい雰囲気が魅力的で、どこを見ても楽しくて、終始ワクワクしながら店内を隅々まで見て周りました。

小さな置物などの小物類から、クリスマスボールやスノードーム、サンタの人形など、値段は、だいたい$5〜100前後のものが多いです。ハロウィンなど、季節に応じたグッズも販売されているそうです。

このお店について、こちらの記事で、より詳しく紹介しています。

La Boutique de Noel Quebec
住所:47 RUE DE BUADE, QUÉBEC (QC)
電話:416-692-2457
時間:8:00〜23:00(クリスマス、元旦は休日)
URL:https://www.boutiquedenoel.ca

4. 世界遺産に登録された旧市街の街並み

フェアモント・シャトー・フロントナックからVIA鉄道パレ駅までの道のり(旧市街の街並み)がとても素敵でした。

まるでヨーロッパのような雰囲気が素敵です。

ケベック・シティ(ストリート、カフェ、ショップ、ホテルなど)の雰囲気として、印象的だったのが、年配の方(高齢者)が多いということでした。

お店のショーウィンドウを楽しそうにじっと眺めている人たちが所々で見られました。トロントやモントリオールのような大都市とはまた違う、こぢんまりとして、落ち着いた雰囲気が、妙に新鮮で、これもこの街の魅力だと感じました。

 

5. VIA鉄道パレ駅

カナダケベック州(ケベック・シティ)のパレ駅(Gare du Palais)は、トロントやモントリオールやオタワなど、カナダ各地を結ぶVIA鉄道が発着しています。

私は、VIA鉄道で、(モントリオールを経由して)トロントまで戻る際にこの駅を利用しました。Palais(宮殿)と言う名前の通り、ヨーロッパ中世の宮殿のように美しい建物にまず目を惹かれます。「VIA」と書かれた黄色の大きなロゴが、VIA鉄道の駅の目印です。

レストラン、カフェ、バー、売店などもあり、待ち時間も退屈せずに過ごすことができます。なぜか、歯医者まで入っています。ロビーの奥には、バスティーポがあります。

レトロで落ち着いた、アンティークな雰囲気が魅力的な駅舎。100年という、歴史を感じさせる古びた時計にも異国情緒が溢れています。

エントランスも素敵です。

駅前には、大きな噴水のある綺麗な公園があります。

ケベック・シティは、トロントやモントリオールほど規模は大きくはありませんが、街の人たちはとても温かく親切で、街の雰囲気もこぢんまりとして混雑も少なく、とてもアットホームで素敵な街です。

パレ駅
月〜金  4:45〜21:00
土日     7:00〜21:00(無休)
住所:450 rue de la Gare du Palais Saint-Lambert, QC, J4P 2G5
URL:https://www.viarail.ca/en/embedded/station/detail/QBEC?xml=QBEC.xml&xsl=en_station.xsl

.
帰りのVIA鉄道の車窓からの眺めも楽しく、心地よい時間を過ごすことができました。

関連記事

201511/12

【柴犬ブルマの旅】金沢の癒しの場所「犀川」ー柴犬とお散歩

金沢を流れる二つの美しい川(浅野川と犀川)。犀川の紹介をします。 女性らしく優雅で穏やかに流れる浅野川が「女川」と呼ばれるのに…

20201/12

【フェアモント・ル・シャトー・フロンテナック】お城のようなホテル内部も紹介

ケベック・シティまでの道のり トロントのピアソン国際空港からケベック・シティのジャン・ルサージュ国際空港まで飛行機(エア・カナダ直行便)で…

【トロント・ピアソン国際空港からトロント市内までの行き方】空港と市内をつなぐ地下鉄キプリング駅紹介

前回の「東京・羽田空港からトロント・ピアソン国際空港までの道のり」の続き(トロントに到着した後の市内までのルート)を紹介します。 [b…

20177/11

【モントリオールおすすめホテル】マリオット・シャトー・シャンプラン

「マリオット・シャトー・シャンプラン」(Marriott Chateau Champlain Hotel)は、モントリオールのダウンタウンの…

【カナダ最大の都市】トロントのオススメ観光スポット8選

トロントのオススメの観光スポットを順番に紹介します。 「トロントの街の特徴や魅力」については、こちらの記事に書いています。 [blogc…

20162/5

【フレンチカナダVIA鉄道の旅】中世のお城のように美しいケベック・シティのパレ駅

カナダケベック州(ケベック・シティ)のパレ駅(Gare du Palais)は、トロントやモントリオールやオタワなど、カナダ各地を結ぶVIA…

20182/25

【モントリオール】世界の女王マリア大聖堂の魅力

世界の女王マリア大聖堂(Mary Queen Of The World Cathedral)は、19世期末(1894年)に建てられた、同じく…

20202/23

【カナダ】ケベック・シティおすすめのお土産店&クリスマス専門店

「ケベック・シティのおすすめ観光スポット」でも紹介したノートルダム大聖堂のすぐ近く(斜め向かい側)にある、とても素敵なクリスマスショ…

【カナダ最大の都市】トロントってどんな街?5つの特徴と魅力を紹介

オンタリオ州の州都 トロントは、カナダ東部に位置するオンタリオ州の州都です。人口は、270万人以上で、トロントはカナダ最大の都…

201511/1

【柴犬ブルマの旅】金沢が一望できるオススメの絶景スポット〜 卯辰山の紅葉と「望湖台」からの眺望

加賀百万石の城下町・金沢の卯辰山(うたつやま)を紹介します。卯辰山(卯辰山公園)は、兼六園や金沢城公園などと共に「日本の歴史公園100選」に…

20172/9

【エア・カナダで行く】トロントからケベック・シティまでの道のり〜ピアソン国際空港とジャン・ルサージュ国際空港紹介

トロントのピアソン国際空港 ケベック・シティまでのルートは、カナダ国内の各都市を経由していく方法がいくつかあります(日本からの直行便はあり…

20192/12

【カナダ第2の都市】モントリオールのオススメ観光スポット8選

モントリオールまでの道のり カナダ第2の都市モントリオールへのルートは、日本からだと、東京(成田)からモントリオール(ピエール・エリオット…

20202/2

【カナダ】モントリオールおすすめのお土産店&クリスマス専門店

モントリオールの旧市街にある「NOEL Eternel」という、とても可愛いクリスマスショップを紹介します。このお店に行こうと思って行ったわ…

20192/1

【カナダ】モントリオール最大の見どころ「ノートルダム大聖堂」

セントラル駅から旧市街までの道のり モントリオールの鉄道駅・セントラル駅から旧市街(ノートルダム大聖堂)までの簡単な道のりと、モントリオー…

【カナダのお土産】トロントのオススメお土産店 “THE CANADIAN NATURALIST”

イートン・センター内にあるオススメのお土産店が 「THE CANADIAN NATURALIST」です。 カナダの名物メープルシロッ…

20181/2

【フレンチカナダVIA鉄道の旅】モントリオールのセントラル駅

カナダ第2の都市モントリオールへのルートは、日本からだと、東京(成田国際空港)からモントリオール(ピエール・エリオット・トルドー国際空港)ま…

【エア・カナダで行くトロントまでの道のり】羽田空港からピアソン国際空港まで〜エア・カナダ機内食紹介〜

東京 羽田国際空港 日本からカナダに入国するルートはいくつもあります。成田国際空港、および、羽田国際空港からの直行便(トロント、モントリオ…

ページ上部へ戻る