© SELMA All rights reserved.

【英検1級の基礎力】背景知識を身につける方法6選〜英文の背景を学ぶ12のメリットとは?

英検1級の「3つの基礎力」とは?

英検1級に挑戦する上で、個人的に必要不可欠だと思う(1級の)「基礎力」は、以下の3つです。

1、ある程度の英語力(4技能)
2、1級レベルの語彙力(10000〜15000語)
3、あらゆる分野の知識力
時事的・社会的なテーマに関する背景知識

それぞれについて、詳しくはこちら(「英検1級の3つの基礎力」)に書いています。

勿論、英語の試験である限り(特に「読む・聞く」に関しては)英語力が十分あれば(背景知識がなくても)解けるように作られていると思いますが、話す・書く上では、”ネタ”となる知識や情報(背景知識)は不可欠だと思っています。

背景知識を学ぶメリット12選

時間がかかるので、結果を急ぐ人にとっては効率的ではないかもしれませんが、英語学習において(読む、聞く、書く、話す、いずれにおいても)、背景知識を学ぶことは、以下のようなメリットがあると考えます。

1、英文の理解がしやすくなる
(本文に書かれていない内容まで/100%以上理解できる)
2、問題を解くスピードが速くなる
(背景知識があれば英文の理解もしやすいため)
3、知識が増える(教養も身に付く)
4、思考力が高まる
(知識が増えるにつれて思考の土台が固まる)
5、本文や関連する分野への興味関心や理解が深まる
6、背景を知ることで言語そのものへの深い理解や関心に繋がる
7、復習が楽になる
(自分で調べて学ぶことで長期記憶として頭に残りやすい)
8、語彙が増える
(単語や熟語も文脈の中で自然に覚えられるようになる)
9、「英検1級の基礎力」が身に付く
10、英作文や面接試験の”ネタ”として使える材料が増える
(自分の主張を裏付ける根拠・具体例として使える)
11、読解力が鍛えられる
(関連する内容について本やネットで調べる中で読む力がより磨かれる)
12、知的好奇心が刺激され勉強が楽しくなる
(これは私の場合ですが、英語の勉強だけをするよりも、背景知識も学ぶことで、勉強自体が「楽しい」「面白い」と思えます。)

英検1級の背景知識を身につける方法6選

人それぞれ学び方は異なると思いますが、私の場合、以下のような方法で、「英検1級の基礎力」となる背景知識を学びました。

以下、個人的に、特に効果的だった方法を6つ紹介します。

1、市販の英語学習教材から学ぶ

英語のスピーキングやライティング用の教材や表現集などは、こちらで紹介したように他にも色々使いましたが、その中でも、個人的に英検1級の「背景知識」対策として使用したのは、主に以下の3冊です。

【CD付】 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)

「パス単」と同じく旺文社より出版されている英検1級の単語帳です。
パス単との大きな違いは、文章(文脈)の中から必要な単語を覚えることができる点です。パス単よりも難易度は低いと思いますが、かぶる単語もほとんどないので、パス単と文単の二冊を並行して使えば語彙力に自信がつきます。
文単は、語彙力だけではなく、リスニング力、読解力、背景知識などを、同時に勉強できるので、とても効率的なテキストです。私の場合、英検1級で必要となる「背景知識」を身につける上での土台作りとして使用しました。
文章は、英検1級でよく出題されるテーマ(歴史・文化、教育、科学、環境・食糧、心理など)で構成されています。英文は長くも短くもなく、リスニングのパート2(アカデミックな文章)の対策としても使えます。


CD付 知識と教養の英会話 政治・経済・社会編

英検1級の英作文や面接は勿論、知識や教養を深める上でもとても効果的なテキストです。日本と世界の政治・経済・社会に関する30のテーマについて会話形式(外国人と日本人の会話など)で学ぶことができます。各テーマに関する背景知識もわかり易くまとめてあるので、理解を深める上でとても勉強になりました。


知識と教養の英会話 第2版

「知識と教養の英会話」シリーズの第2版です。テーマは全部で17あり、こちらも(1と同じく)会話形式で知識や教養を深めることができます。内容は前作よりも多岐に渡り、社会的・時事的なものに限らず、アカデミックなテーマ(文学、哲学、宗教、美術、経済、政治、科学など)についても学ぶことができます。

私の場合、1級の土台となる背景知識がほとんどない状態から、最初に教材として選んだのは、旺文社出版の「文で覚える単熟語」でした。

このテキストは「単語帳」なのですが、個人的には、単語というよりも背景知識を身につけることを目的として利用しました(単語については、同じ旺文社出版の「パス単」でほぼカバーできると思います)。

①「文で覚える単熟語」を1冊勉強するだけでも、1級の土台となる背景知識(歴史・文化、社会、教育、科学、心理、環境・食糧、医療など)は十分に身に付くと感じました。

既述したように、英単語や読解や背景知識だけではなく、リスニング対策(特にアカデミックな内容が問われるパート2対策)としても効果的です。難易度・分量など、いずれの英文も質が良いので、個人的におすすめのテキストです。

2、問題(精読・精聴・英作文など)から学ぶ

「文で覚える単熟語」を一通り勉強して、ある程度1級で問われる分野の知識(あくまでも土台ですが)が身についたら、1級の過去問や対策本などを使って、問題(長文問題、リスニング問題、英作文問題など)を解く過程で、背景知識(問題文などで扱われている内容)を学びました。

特に、ライティング(英作文やエッセイ)やスピーキング(面接)用の対策本は、英検1級の背景知識(ネタ)の宝庫だと思っています。

英検1級のライティングとスピーキングで使ったテキストはこちらで紹介しています。

英作文のおすすめテキスト4選
面接のおすすめテキスト3選

面接の基本書としても、特におすすめの良書は「英検1級 面接大特訓」(Jリサーチ)です。


英検1級 面接大特訓

二次試験対策用のテキストとしては定番で、ほとんどの受験者が使っている(と思われる)人気のテキストです。
英検1級の二次試験で頻出の9つのテーマ(政治、経済、教育、医療、科学、環境、文化・スポーツ・レジャー、家庭・高齢化、メディア)に分類され、
各テーマのポイントやキーアイデアがコンパクトに解説されています。
サンプル英文に対する添削と解説もあるので、論理的な解答の作り方や表現などを短期間で身につけることができます。
巻末には、各トピックに対する論点(賛成と否定、それぞれ2点)をまとめたフラッシュカードがついているので、切り離して使えば、試験直前でも短時間で復習可能です。
即興スピーチ及びインタラクション(ディスカッション、質疑応答)だけではなく、英作文やエッセイ対策としても効果的な良書です。
(英文の内容、難易度、量など)あらゆる面で取りかかり易く、一次試験合格後の数週間で集中して勉強する上でも最適だと考えます。

3、本やネットなどから関連知識を学ぶ

問題を解き終わった後に、自分の興味関心のあるテーマやトピックに関して、本(洋書、雑誌、新聞、専門書、文献など)やネット(キーワード検索、海外サイトやニュース記事など)を通して能動的に学ぶことで、より読解力が鍛えられました(英文に対する理解がより深まり、関連する知識も増えました)。

背景知識は、複数の分野ごとに広範囲にわたって膨大な量があるので、全てを網羅しようとするのではなく、問題を一つ一つ解いていく度に「その都度調べる」という形で勉強を進めていきました。

学んだ知識は、付箋にまとめてストックしていったので、頭の中の知識(全く関連性のない分野におけるバラバラだった知識・点と点)がどこかで繋がる(一本の線になる)ということもあります。

背景知識が増えるにつれて新しい発見があったり、関連するあらゆる分野への理解だけではなく興味関心も深まりました。

4、イメージ画像で視覚的に印象付ける

問題を解き終わって、興味のある背景知識を調べた後に、ネットで(英文に関する)イメージ画像を探してノートにストックしていきました。こうすることで、文字情報だけではつかみにくい背景知識でも具体的にイメージできて、視覚的により理解が深まります。

主体的に自分で調べて学んだ知識に関して、さらにイラストや画像、写真などもあれば、より強く印象付けることができ、(何度も復習しなくても本文の内容や単語などをいまだに覚えているというくらい)記憶にも残りやすくなります。

5、あらゆる分野の土台となる世界史を学ぶ

背景知識として、最も重要なのは世界史だと思っています。

英検1級で扱われる英文には、歴史(世界史)をテーマにしたものがとても多く、そして、世界史は、(1級頻出のテーマである)政治、経済、国際、文化、教育、科学などのあらゆる分野においても土台となる大切な知識だからです。

私は、英語と同時に世界史の学び直しもしたのですが、結果として、その知識は1級の勉強においてもとても役立ったと感じています。

世界史の勉強方法については、世界史のノートも含めてこちらで12個紹介しています。

6、ドキュメンタリー番組から学ぶ

NetflixやHuluなどの動画配信サービスでは、映画や海外ドラマは勿論ですが、ドキュメンタリー番組も充実しています。

その中には、英検1級でも頻出のテーマ(歴史、科学、政治、経済、社会、戦争など)を題材にした良質なオリジナル作品があるので、背景知識の勉強としても、英語のリスニング教材としても、とても勉強になり一石二鳥です。


出典:Netflix

個人的に、英検1級の勉強としておすすめなのは、Netflixオリジナル作品の「History 101 古今東西のナゼ?を早わかり」です。

科学、国際、政治、経済、社会、環境などをテーマに、問題の所在や原因などを詳しく解説していくドキュメンタリー番組です。
ファストフード、宇宙開発競争、中国の大国化、プラスチック、石油と中東事情、ロボット、フェミニズム、原子力、エイズ、遺伝子の可能性など、英検1級でも役立ちそうなテーマが満載です。

「History101古今東西の”ナゼ?”を早わかり」
ジャンル:ドキュメンタリー
(歴史、科学、国際、テクノロジー、経済、環境、社会、医療など)
公開:2020年
シーズン数:1
動画配信サービス:Netflixオリジナル作品
英語レベル:上級

その他、英語学習におすすめの映画、海外ドラマ、ドキュメンタリー番組などについてはこちらで紹介しています。

まとめ

背景を学ぶ12のメリット

1、英文の理解がしやすくなる
2、問題を解く(文章を読む)スピードが速くなる
3、知識が増える(教養も身に付く)
4、思考力が高まる
5、本文や関連する分野への興味関心や理解も深まる
6、背景を知ることで言語そのものへの深い理解や関心に繋がる
7、復習が楽になる
8、語彙が増える
9、「英検1級の基礎力」が身に付く
10、英作文や面接試験の”ネタ”として使える材料が増える
11、読解力が鍛えられる
12、知的好奇心が刺激され勉強が楽しくなる

英検1級の背景知識を身につける方法6選

1、市販の英語学習教材から学ぶ
2、問題(長文問題、リスニング問題、英作文問題など)から学ぶ
3、本やネットなどから関連知識を学ぶ
4、イメージ画像で視覚的に印象付ける
5、あらゆる分野の土台となる世界史を学ぶ
6、ドキュメンタリー番組から学ぶ

以上、個人的に効果的だった背景知識を身につける方法を6つ紹介しました。
少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

【英語学習の心得9選】真の国際人が持つ7つの資質とは?〜映画「マダム・イン・ニューヨーク」を見て〜

英語学習の心得として、個人的に大切にしていることがいくつかあります。 その上で、ヒントになった映画があるので、 この記事では、その映画「…

【英語学習の手順&計画の立て方】勉強前にやるべき6つの準備〜ノートの復習方法とオリジナル計画表も紹介

いきなり勉強してはいけない理由 いざ、英語の勉強を始めようと思っても、「何から始めたら良いのか分からない」と悩む人は、少なからずいると思い…

【英語教育&英語学習の誤解12選】意外と知られていない英語教育界の常識

「使える英語力」として、特に話す力の重要性が強まる中で、個人的に違和感を持っていたのが、まるで「使える英語力=話せる力(英会話)である」とい…

【成功の定義】本当の成功者とは?「長く続く確実な成功」と「長く続かない儚い成功」の違い

成功の定義 「成功者」と聞いて、どのような人(イメージ)を思い浮かべますか? 時代とともに人々の価値観や見方も変化するし、何を持って「成…

英検1級で学ぶ戦争と世界平和

戦争体験のない私が、はじめて原爆の恐ろしさを感じたのは、 小学校時代の夏休みの登校日(8月6日)。 体育館に展示されていた(原爆…

【結果を出す人の特徴と共通点6選】1日の勉強時間はどれくらい?勉強の量と質どちらを優先すべきか?

勉強で結果を出すために必要な6つの条件 勉強の量と質、(どちらも大事という前提で)どちらを優先すべきか? よく議論されるテーマの一つです…

【英語学習のロールモデル】歴代「憧れの英語モデル」12選

憧れの英語モデル 人それぞれの好みや憧れがあると思いますが、英語学習を続ける過程で、「英語のロールモデルを持つこと」(お手本を作る・真似る…

独学でいきなり英検1級に挑戦することは無謀か?

「英検」自体が初受検でいきなり英検1級挑戦は無謀か? 独学(それまでとは全く異なる独自の方法・考え方)で英語の学び直しを始めた上に、 私…

【大学受験〜英検1級】歴代おすすめ英単語帳11選!使った順番に紹介

今までに使った・使ってよかった歴代の英単語帳を、使った順番に紹介します。 【初級〜中級レベルの英単語】 主に大学受験用に使ってい…

【SNS疲れや他人が気になる人必見】「自分に集中する」ために大切な7つのこと

一度きりの自分の人生。どうせ同じ時間を過ごすなら、ネガティブでマイナスな気持ちで過ごすよりも、自分をしっかりと持って、ポジティブでプラスな気…

【英語学習の疑問】ノート作りは無駄?書いて学ぶ9つのメリット&4つの注意点

「正解のない問い」に対する自分なりの答えを持つ 英語学習、特にノート作りや書いて学ぶことに関しては、賛否両論がありますが、勉強方法に関して…

【歴代の英単語勉強法9選】書く派?書かない派?暗記の9つのコツ〜初級から英検1級レベルまで〜

英単語の効果的な覚え方9選〜4技能を関連づけて学ぶ〜 人それぞれ、目指しているレベルに応じて、色々な英単語の覚え方(暗記方法)があると思い…

【家庭学習応援サイト5選】予習・復習に役立つ無料の授業動画紹介

新型コロナウィルス感染防止のため、一部の学校では授業が進む一方で、首都圏を含む多くの学校においては臨時休校が延長され、子どもたちの学びの機会…

【英語学習の基本】自分に合った勉強法を見つける3つのポイント&苦しい勉強を楽しくする方法

他人にとって遠回りでも、自分にとっては近道なこともある 「遠回りをすること」は、悪いことのように言われることがありますが、 人それぞ…

文章術&書く力を鍛える方法7選【ブログ・論文・レポート・英作文など】

ブログやSNSなどを通して、個人が自由に発信できる機会も増えたので、「文章力を身につけたい」と思っている人は多いと思います。私自身も、英語で…

【英語学習おすすめ映画50選】歴代の英語視聴覚教材をまとめて紹介

【厳選】歴代の英語視聴覚教材50選 映画(海外ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなど含む)は、楽しく英語を学ぶことができる「視聴覚教材」だと…

【英語学習必須アイテム】勉強に欠かせない歴代語学グッズ18選

自作の教材も含めて、今までの英語学習において、私にとって絶対に欠かせない語学グッズがたくさんあります。その中から厳選して、歴代のもの18個を…

勉強のモチベーションを保つ方法10選

勉強において最も大切な要素は、「モチベーション・やる気」であり、これがあるのとないのとでは、 (勉強をするかしないか・勉強を続けられる…

【英会話力を伸ばす最速の方法】外国人の恋人を作ることは語学上達の近道か?

人によって、英語を学ぶ目的や理由は、色々あると思いますが、ほとんどの人に共通しているのは、海外や外国人や英語に対する「憧れ」があると思ってい…

【英検1級おすすめ教材18選】使ったテキストだけ紹介

英語関係のテキスト教材はいくつも所有していますが、その中から英検1級の勉強(英語4技能、語彙、背景知識など)で「使ったものだけ」を厳選して1…

【英検1級の価値5選】合格して得た「本当に価値あるもの」〜勉強と学びの違いとは?

【本音】私が「英検1級」にこだわった6つの理由 英語の資格(特に英検やTOEICなどの勉強)は無意味だ。 と言われることがあります。 …

【映画や海外ドラマを使った英語勉強法】3つの学び方と気をつけるべき9つのポイント

リスニングの力を伸ばすために、もう何年も続けていることがあります。大好きな映画や海外ドラマを英語音声のみで理解するためのトレーニングです。あ…

【付箋ノート勉強法】6種類の英語付箋ノート&おすすめ付箋7選〜カラフルな色で楽しむ英語の学び方〜

「付箋ノート勉強法」で英検1級合格 勉強において大切なのは、能力や才能のあるなしではなく、 「楽しい・面白い・興味深い」などと思えるよう…

【英検1級合格までの道のり】独学でできる英語の4技能勉強法〜差がつく二次試験合格のコツ6選〜

独学でいきなり英検1級に挑戦 英検1級の勉強(学び直し)の過程において、具体的に、どのように英語の4技能を勉強してきたのかをまとめます。 …

勉強がうまくいかない&結果が出ない時の対処法9選【英語の勉強との向き合い方】

どんなに真面目に頑張って勉強を続けていても、思ったように結果が出なかったり、勉強がうまくいかずに悩んだり落ち込んだりすることは、誰にでもある…

効果的な世界史勉強法12選【英語学習で必要な知識・教養】ノートで紹介

世界史の必要性 私は、英語の学び直しと同時に、世界史の学び直しも始めたのですが、(英検1級の勉強をする中で)改めて痛感したことが、英語学習…

【日本で英会話力を身につける方法4選】一人練習のやり方・おすすめ英会話スクール&オンライン英会話も紹介

留学前に日本でしていた英語学習 私は、ある程度、日本で英語を身につけてからカナダに留学をしました。特に効果的だった方法がいくつかあるので紹…

【福沢諭吉に学ぶ】学問・勉強をすすめる理由8選ー勉強で身に付く13の武器とは

福沢諭吉「学問のすすめ」 『なぜ勉強をすることが大切なのか』 人によって、色々な答え(人生や価値観など)があると思いますが、学問の大…

【英語教師の英語力】英語教師に英検1級は必要か?

英語教師の英語力 英検1級の勉強を始めたきっかけ 私が英語の勉強をやり直したきっかけは色々ありますが、その一つは、「英語教師の英語力」に…

スランプ&勉強に行き詰まった時の対処法6選

何か大きな夢や目標があって、毎日勉強を頑張っていても、行き詰まったりスランプに陥ったりすることは誰でもあると思います。 そんな時に大切…

ページ上部へ戻る