© SELMA All rights reserved.

【英語学習必須アイテム】勉強に欠かせない歴代語学グッズ18選

自作の教材も含めて、今までの英語学習において、私にとって絶対に欠かせない語学グッズがたくさんあります。その中から厳選して、歴代のもの18個を、以下の順番で、写真と一緒に紹介します。

1. ボイスレコーダー(カセットタイプ)

スピーキング力を伸ばす上で、まず最初に使ったのは、ボイスレコーダー(カセットレコーダー)です。現在は使っていません(主にICレコーダー使用です)が、当時の私にとって、英語学習(英会話やスピーキングの試験対策)には欠かせない存在でした。

例えば、留学や試験前などに(自分の声を録音した)音声を、ただ一通り聞き流すだけでも、本番で自然と話せるという効果がありました。

現在では存在自体が希少かもしれませんが、個人的には、(以前は)流行りのICレコーダーよりも、カセットテープレコーダーのほうが使いやすくて、英語学習用に何年も使っていました。二台持っていて、初代のもの(SONY TCM-500 C TCCは、長く使っていたのですが、古くなり音が聴き取りにくくなってきたので、新しいもの(SONY スリムなテープレコーダー TCM-450)を買いました。どちらもSONY製品です。性能や音質も良く、長持ちすると感じました。コンパクトで持ち運びも便利です。

2. カセットテープ(録音用)

私にとって、スピーキング力を伸ばす上で、録音は欠かせない方法だったので、自分の声(英語)を録音したカセットテープがたくさん溜まりました。

というのも、音読をするにも時間や労力が必要ですが、声なので、文字などのようにいくら練習しても、形として残るものではありません。なので、ただ声に出して音読をするだけだと、なんとなくその労力や時間が無駄になってしまうような気がして、どうせなら勉強の記録としても残しておきたいと思ったのが、録音のきっかけでした。やって見ると、思った以上に効果があり驚きました。復習も聞くだけなので、ものすごく楽になります。

かなり昔に録音した内容でも、過去に一度しっかりと定着させたことであれば、時間が経って再び聴くことで、すぐに思い出せて自然に使えるので、個人的に「録音」(自分の声を何度も聴く)はおすすめです。

3. DVDプレーヤー(リージョンフリー)

以前は、パソコンで映画(DVD)を観ていたのですが、当時の私の古いパソコンが(起動して立ち上がるまでに相当時間がかかったり、途中でフリーズしたりして)面倒だったこと、そして、日本だけではなく、海外で購入したDVDも再生できるものがほしくて、リージョンフリーのDVDプレーヤーを購入しました。リージョンフリーのものは一般の販売店にはあまり売られていないので、ネットで探しました。が、思っていた以上に種類があまりなくて悩みました。
個人的に、どうしてもこだわった条件は以下の4つです。

①リージョンフリー(海外のDVDも日本のDVDも再生可能)。
②充電池(乾電池)も使用可能なもの。←これも意外と少なく。
③画面サイズが9インチ以上のもの。

日本で購入したDVDも海外で購入したDVDも両方見ることができて、英語学習における視聴覚教材としても役立ちました。

留学する前から日本でずっと続けていた学習方法の一つが、「映画や海外ドラマなどで英語を学ぶこと」です。映画や海外ドラマが大好きなので、好きな台詞(単語や表現)を覚える(①ノートに書き出して音読し、②自分の声を録音して、③何度も聴いて、④実際に使う)上で、私にとってとても効果的でした。この方法は、実際にネイティブが使う表現を学ぶことができて、尚且つ、楽しいので個人的にはオススメです。

留学後も続けていて、書き溜めたストックも増えました。

4. DVD

上述のように、英語の視覚的教材として、大量のDVDも私の語学グッズの一つです。

私の場合、日本語字幕があると甘えが出てしまうので、英語教材用としては、元から日本語字幕が入っていないDVDを買うことも多いです(海外で購入、ネットで輸入版を購入するなど)。特に、気に入っている作品(海外ドラマ)は、動画配信サービスでは、扱っていないものが多いので、DVDで何度も観ています。日本語字幕が入っているものよりも安く買えるのでお得です。「ホーム・アローン」や「フルハウス」のようなコメディが好きですが、SF、ホラー、サスペンス、恋愛、アクションなど、面白ければなんでも観ています。

「フルハウス/Full House」についてはこちらで紹介しています。

「ロスト/LOST」についてはこちらで紹介しています。

「ダーク・エンジェル/Dark Angel」についてはこちらで紹介しています。

「スーパーナチュラル/Supernatural」についてはこちらで紹介しています。

「ロズウェル/Roswell」についてはこちらで紹介しています。

5. Apple製品(iPhone/iPad/iMac/MacBook Air)

アップル製品が大好きで、勉強、仕事、趣味など、色々と愛用しています。特に勉強には欠かせないグッズの一つです。

情報収集をしたり、集めた情報をまとめたり、映画など動画や画像を観たり、文章(ブログなどの記事、大学のレポートや論文など)を書いたり、英語学習(オンライン英会話など)をしたりなど、私にとって、特にiMacは、絶対になくてはならない必需品です。サイズは27インチです。

iPhoneやiPadのカバーにもこだわりがあり、好きなデザインや色(赤系)の物を使うとモチベーションが上がります。

ちなみに、iPadのカバーは、こちらのレザータイプ(iPad Air2/レッド)のものを使っています。以下のように、好きなデザイン(iPadの種類と色)を選ぶことができます。
【対応機種】iPad 2/3/4、iPad Pro 9.7、iPad Pro 12.9、iPad Mini 1/2/3、iPad Mini 4、iPad air(1/2)、New iPad 2017 / Air 1/ Air 2
【色】ブラック、ライトブラウン、ブラウン、ワイン、ネイビー、レッドなど

6. 付箋

私にとって、付箋は、勉強を楽しくする上での必須アイテムであり、もはや勉強に欠かせない語学グッズの一つです。カラフルな付箋を使うことで、苦しい勉強でも何倍も楽しくなりました。蛍光色の付箋、パステルカラーの付箋、そして、ノートのサイズに合わせた小さな付箋(見出し)を、用途に応じて使い分けています。勉強用に使っているのは、いずれもシンプルな無地(正方形/長方形)の付箋です。順番に紹介します。

①蛍光色の付箋


付箋 強粘着 ブロックメモ 文房具 便利 メモ用紙 ネオンカラー 75×75mm 100枚/冊 12冊/パック 業務用セット

蛍光色で濃い色の付箋は、カラフルな色でモチベーションを上げて、勉強が楽しくなるだけではなく、多くの情報(背景知識など)も整理しやすく、あとでノートを見返すのも楽しくなり、復習がしやすくなりました。

蛍光色の付箋は、主に、読解ノートや英作文ノートで使っています。

読解ノートの場合、ネットや本などで調べた情報(英文の背景知識)をまとめて、知識をストックしていくために使っています。

英作文ノートの場合、モデル文を筆写するための枠として(モデル文を自分の言葉に言い換えた文章=自分の意見や考えと区別するために)使っています。付箋を使うことで、ノートが整理されて、自分なりのノートのスタイル(型)も作りやすくなります。一度、「型」ができれば、あとは毎回同じように勉強していくだけなので、スムーズに進めることができるようになります。

②パステルカラーの付箋


付箋 強粘着ブロックメモ カラー4色 100枚×12冊入 75×75mm

単語などの暗記ものは、楽しくて見やすい(覚えやすい)ように、薄いパステルカラーの付箋を使っています。蛍光色のものと比べると、かなり目に優しい印象になります。

勉強でよく使う付箋についてはこちらでも紹介しています。


勉強用おすすめ付箋7選

1、蛍光色ピンク
2、蛍光色イエロー
3、蛍光色ブルー
4、パステルカラーピンク
5、パステルカラーイエロー
6、パステルカラーブルー
7、レア色レッド

③ノートのサイズに合わせた小さい付箋(見出し)

毎回勉強をした後に、ノートのサイズに合わせて、目印としてノートに小さな付箋をつけています。パッと見て、すぐに勉強の進度を把握できるため、および、モチベーションUP&維持のために役立てています。

A6〜B5サイズのノートの場合

A6の小さいサイズ〜B5の中くらいのサイズのノートの場合、以下の小さいサイズ(44×6mm)の付箋を使っています。フィルムタイプなので、強くてしっかりしています。


ポストイット フィルム 付箋 見出し 9色 44×6mm 20枚×9色 680MSH

A4サイズのノートの場合

A4の大きなサイズのノートの場合、以下のサイズ(50×15mm)の見出し用付箋を使っています。


ポストイット 付箋 見出し マルチカラー 50×15mm 30枚×10パッド 700MC

紙タイプなので、時間が経つと色がはげてきたり、ヨレヨレになってきたりしますが、年季が入ってだんだん味が出てくる感じがする(モチベーションが上がる)ので、個人的には気に入っています。

7. インデックス

インデックスは、自作のものも含めてほとんどの教材(テキスト、ノート、ルーズリーフ、カードなど)の目次として、および、全体の流れを把握し、複数の細かい情報を整理する上でとても役立っています。

上の写真は、英検1級の二次試験対策用(一人練習用)に作成した自作教材(質疑応答カード)に貼ったものです。

大量にあるトピックをテーマ毎にまとめて、カードを11種類に分類したことで、より効率的に復習(一人練習)ができるようになりました。

大きなテーマ(環境、政治、医療、教育など)には、赤色の枠のついたインデックスを、そして、それぞれのテーマ(分野)に関連する、さらに細かい小さなトピックには、青色の枠のついたインデックスをつけています。こうすることで、パッと見て、すぐにどのカードにどのトピックがあるのかがわかりやすく、気になった時にすぐに見つけることができます。分野毎にトピックを増やしていくことで、複数のトピックをバラバラに覚えていくよりも、それぞれの知識を関連付けながら、その分野における理解をより深めていくことができます。

8. ノート(大中小サイズ)

私は、「付箋ノート」を作る上で、モチベーションを上げるために、ノートのデザインや色やサイズや紙質など、かなりこだわって(自分の好きなもの/使いやすいもの/勉強が楽しくなるものなど)選んでいます。

ノートや付箋などの文房具類は、特に気に入った物をネットで大量購入してストックしています。

個人的には、やはり文房具類は、日本製の方が自分には合っている(質が良くて使いやすい)と感じます。愛用しているノートを順番に紹介します。

大きいサイズ(A4サイズ)


コクヨ キャンパスノート A4 B罫6mm 50枚×10冊

この大きいA4サイズのキャンパスノートが好きでずっと使っています。大きさは勿論、紙質も丈夫でマーカーの裏写りもしないし、デザインもシンプルで、枠の幅(B・6mm×41行)などもちょうど良いです。

A4サイズだと、英文のコピーや付箋を数枚貼ってもまだ少し余白があるので、補足的に情報を加えることができます。自分のノートの「型」を作る上でも、私の場合、ちょうど良いサイズでした。

中くらいのサイズ(B5サイズ)


マルマン ノート スパイラル リングノート 6mm 横罫 B5 4冊 N551A

普通(中くらい)のB5サイズのリングノートも使っています。特に、このカラフルなマルマンの「スパイラルノート」は、デザインと色が好きなので、ネットで見た瞬間に一目惚れをして即大量購入しました。

まだストックがあるので、使うのが楽しみでワクワクします。好きな文房具を使うことも、勉強が楽しくなる要素の一つです。

特に、色(赤・青・黄・緑など原色系のカラフルな色)が大好きなので、勉強へのモチベーションがかなり上がります。

B5サイズのスパイラルノートは、主に、リスニングやリーディング用のノートとして愛用しています。

小さいサイズ(A6サイズ)


マルマン メモ スパイラル リングノート A6 横罫 6mm 10冊 アソート N670X10SET

まったく同じデザインの、より小さいサイズ(A6)のスパイラルノートも同じく愛用中です。このノートは、主に、英単語用に使っています。

単語帳から覚えられないものをリスト化したり、リーディングやリスニングの勉強、そして、英語雑誌や文献などで見かけて調べた単語を書き出したりしているので、自分だけの英単語帳という感じです。

リングノートなので、左ページに英単語、右ページに日本語で意味を書いて、折り曲げて使い、(日本語の意味を見ないで)英語だけを見て、意味を確認(復習)したい場合など、効率的に復習をすることができます。私の場合、英単語のすぐ横に日本語で意味が書いてあると、どうしても日本語が目に入ってしまい、いざ英単語だけを見た時に、意味が出てこない(覚えた気になっていても、意外と覚えていない)ということがあったので、このような形で(英単語と日本語の意味を離して)作りました。

9. ルーズリーフ

ノートとは別に、ルーズリーフを使うこともあります。

ライティングというよりも、より口頭向け(スピーキング用)に、背景知識や意見をまとめたい場合などに、ルーズリーフを使っています。ルーズリーフは、一枚一枚バラバラに使えて、後で順番を変えることもできるので、ノートほど気構えずに使うことができます。

個人的に気に入っているのが、小さくてカラフルなルーズリーフです。

書きやすいルーズリーフミニ」は、主に英作文ノートで使っています。これも大量にストックしています。


マルマン バインダー イントゥーワン ミニサイズ プラスチックバインダー[ブルー]+書きやすいルーズリーフ ミニ B7変型無地3色 FM61-02+L1433-99 2種2個組み

無地のタイプと、羅線が入っているタイプの2種類あります。


マルマン B7変形サイズ ルーズリーフ 3色アソート L1431-99

ノートよりも書きやすい
→下の写真のようにノートがかさばり分厚くなってくると、ノートに直接書き込む際に、文字が書きにくくなる(下敷きも使いにくくなる)ので、付箋やルーズリーフに書いて、それをノートに貼っています。
復習が楽しくなる
→とてもカラフルになるので、ノートにメリハリもつき、復習する際にもノートを楽しく見返すことができます。
カラフルな色の紙に書く方が楽しい
→これは、個人的な好みですが、私の場合、白い紙に文字を書くよりも、カラフルな色の付箋などに書く方が楽しいので、勉強が捗るというメリットがあります。

など、理由は色々ありますが、いずれにも共通するのは

勉強が楽しくなり、長く続けることができる」ということです。

10. ボイスレコーダー(ICレコーダー)


ソニー SONY ICレコーダー 4GB リニアPCM録音対応 ホワイト ICD-PX470F W

上記の通り、最初は、カセットレコーダーを使っていたのですが、最近は、ボイスレコーダーを愛用しています。軽くて持ち運びも便利だからです。やはり個人的には、SONY製品が好きで愛用しています。

音がとてもクリアで、大学の講義などでも利用しています。

11. アプリ(英単語)

アプリ(特に英単語系)も人気のある英語の学習方法であり、私にとっても、絶対に欠かせない語学グッズの一つです。

私は、通常の単語学習と並行して、以下の6つの英単語アプリを使いました。

英検1級出る順パス単(旺文社)

mikan英検1級出る順パス単

究極の英単語(All in One版)

英検1級でた単

Weblio語彙力診断テスト

マジタンWEB(単語力チェックテスト)

①と③は有料ですが、その他は無料で利用(登録)できます。主に、クイズ・テスト形式で、音声を聴きながら次々と問題を短時間でサクサク進めていくという感じで、復習のために使っています。

上が「究極の英単語」、下は「マジタンWEB」のレベル判定です。

勿論、これらはあくまでも英単語アプリでの診断テストの結果であって、公的な試験ではないので、100パーセント自分の語彙力を正確に判断できるものではないと思いますが、こうした語彙力診断系のアプリは、ゲームのような感覚で楽しく効率的に学習を進められるし、良いスコアが出るとモチベーションにもなります。自分なりに「楽しく学べる」ということが一番大切だと思っています。

12. 一人練習用の自作カード

「インデックス」のところでも紹介した自作の英語カードも、私にとっては、必須の語学グッズです。これは、主にスピーキング試験などの対策用(一人練習用のカード)として作りました。

上の写真にある三つのカード以外にも、用途に応じて色々な種類のものを作っています。

熟語や構文など、それぞれ自分で色を決めて、蛍光ペンでチェック(色分け)をしています。

後で(試験直前などに)見返す際に、パッと見て、すぐに必要な表現が見つかったり、文の構造なども理解しやすくなります。

蛍光ペンは、ピンク色黄色青色の三色しか使っていないのですが、復習の度に、重ねてチェックをしていたので(色が重なり)、とてもカラフルに仕上がっています。

1回目は黄色でチェック→2回目はピンク色でチェック=オレンジ色
1回目は黄色→2回目は青色緑色
1回目はピンク色→2回目は青色紫色

色分けは、①構文や語彙/フレーズなど、それぞれ色を決めています。また、②復習の回数に応じて、チェックする色を変えています。例えば、

1回目は黄色、2回目はピンクでチェックした場合→(二色重なって)オレンジ色に。
1回目がピンク、2回目が青でチェックした場合→紫色に。
1回目が青、2回目が黄色でチェックした場合→緑色に。
さらに3回目にピンクでチェックすると抹茶系の色になる、など、

蛍光ペンは、上述したように、黄色/ピンク/青の3色しか使っていないのですが、5~6色くらいになっています。個人的には、カラフルになった方が楽しく勉強できて、頭にも入りやすく、復習も楽になるので続けています。

何度か音読をして、ある程度、カードに書いたこと(語彙や表現や内容など)が定着してきたら、自分なりに色々表現を組み合わせたり、アドリブで話せるようになってくるので、最終的には、カードの裏面に書いた内容には拘らずに、自分の言葉で、即興で話すように(何度も復習)しています。

13. 電子辞書

辞書は複数持っていますが、主に英語とスペイン語用の電子辞書を使っています。だいぶ古くなりましたが、一番使いやすく愛着もあるので。写真はいずれもCASIO製品です。

CASIO Ex-word XD-L7550 電子辞書 リスニング/スペイン語+英語

14. 動画配信サービス

私は、とにかく映画や海外ドラマが大好きなので、今まで、英語学習用としても、色々な動画配信サービス(Hulu、Amazon Prime Video、Netflix、U-NEXTなど)を利用しました。

スマホやタブレットなどで、インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも見れてとても便利な上に、毎月定額で見放題なので英語学習には欠かせないものですが、中には、海外では利用できないものもあったり、英語字幕で見れないものもあったり、配信数が少なくて見たい作品がなかったりなど、色々と不便なこともあるので、私の場合、今でもDVDで映画や海外ドラマを見ることも多いです。

おすすめの動画配信サービス
英語字幕も利用したい場合】NetflixとHulu
海外でも利用したい場合】Netflix
※他にも設定次第で海外で利用できるものもあります。
できるだけたくさんの映画や海外ドラマを楽しみたい場合】U-NEXT
※動画配信数が圧倒的に多いです。

私の場合、「英語学習用(英語字幕利用可能なもの)」と、「娯楽としてただ単に映画や海外ドラマを楽しみたい場合」と区別して、複数の配信サービスを組み合わせて使ったりもしていました。

大抵、どの配信サービスでも無料トライアル期間が(1週間〜1ヶ月くらい)あるので、この期間だけ利用してみて、途中で解約したものもあります(無料期間内であれば、途中解約しても金額は請求されないので)。

勿論、英語字幕がなくても、(日本語字幕を見る・見ないようにするなど)英語学習としては十分に役立てることはできるので、個人的には、(見たい作品・選択肢が多いので)動画配信数が圧倒的に多いU-NEXTがおすすめです。

U-NEXT
無料トライアル期間:31日間
料金:1990円/月(税抜)
(ただし毎月1200ポイントがチャージされるので、実質790円です。このポイントで、有料の新作映画でも、無料で2本視聴可能です。)
ジャンル:映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズなど全11
配信数:見放題動画14万本、有料レンタル動画3万本
(その他、見放題書籍・漫画など52万冊、読み放題雑誌70誌以上など)

金額や無料トライアル期間、動画配信数、字幕機能など、それぞれ一長一短あるので、自分に合ったものを選ぶのがいいと思います。

15. SNS(インスタグラム/Instagram)

インスタの勉強垢(@selmawinchester)は、私にとって、モチベーションを維持しながら勉強を続ける上で、色々と大きなメリットがあったので、本当にはじめて良かったと思っています。特に、この過程で、自分と同じように、夢に向かって勉強を頑張っている多くの方との出会いもあり、やる気や刺激、そして、前に進む勇気を与えていただき、おかげで、高いモチベーションを維持しながら勉強を続けることができたからです。

勿論、勉強に終わりはなく、これからも一生続いていくものだと思いますが、特に、英検1級の勉強が、今現在、色々な面で活きていると感じます。

そして、遠回りだと思っていたことでも、今思えば、自分にとっては近道だったとも思えるし、学んできたことに無駄なことは何もなくて、「全て繋がっている」のだと、改めて痛感もしています。

16. オンライン英会話(ネイティブキャンプ)

特に、英語の資格試験(スピーキング試験)の対策として役立ったのは、オンライン英会話です。

オンライン英会話は、たくさんあり、どれを選ぶかも人によって様々ですが、私の場合、主に、スピーキングの試験対策用に「ネイティブキャンプ」を利用しています。

自作したスピーキング対策用(一人練習用)のカードで学んだことを、実際に誰かにアウトプットする上で、ネイティブキャンプの「5分間ディスカッション」が自分には合っていました。

ネイティブキャンプの魅力は、予約不要で、毎日何度でも(定額で)レッスンが取り放題だという点です。

私は、特に試験前に集中して、可能な限り「大量に」レッスンを取りたいと思っているので、この点が(他社と比べて)大きな決め手でした。

オンライン英会話「ネイティブキャンプ」
対象言語:英語
講師:英語ネイティブ、フィリピン、セルビア、日本など
コース:カランメソッド、5分間ディスカッション、ニュース、発音矯正、フリートークなど多数。
料金:プレミアムプラン(標準プラン)6480円/月、ファミリープラン1980円/月
※7日間無料トライアルあり

17.アプリ(スタディプラス/Studyplus)

勉強時間を毎日記録することで、モチベーションが維持できて、その日その日の達成感を感じることができます。スタディプラス(登録無料)は、教材/テキストや勉強内容など、自分で決めたり分類したりして、カテゴリー毎に色分けして勉強時間を記録できるので、いつ(日/週/月ごとに)何をどのくらいの時間勉強できたのかが一目でわかります。
私の場合、勉強時間は、時期やその日によって異なりますが、だいたい多くて9〜11時間です。最低でも4〜5時間は毎日勉強するようにしています。カウントダウンもできるので、例えば、試験まであと何日あるのかなど毎日確認することができます。

※英語学習以外の勉強時間も含まれています。

18. エクセル(オリジナルの勉強計画表作成)

語学学習に限らず、勉強において、大切なことは、

①目標を立てること
②学習計画を立てること
③自分に合った勉強方法を見つけること
④継続(復習も)すること

だと考えます。その上で、エクセルを利用して、自分でオリジナルの「学習計画表」や「復習チェック表」、テキストなどの「目次リスト」を作成することによって、

勉強計画を立て、毎日の進度を把握しながら(チェックしたり目印をつけながら)、学習を継続していく(モチベーションを維持する)上でとても効果的でした。

これをしなければ、私の場合、勉強が三日も続かなかったので、これらも、私にとっては欠かせない、必須の語学グッズです。

月ごとにやるべきことを決めて毎月作成し、毎日チェックをしていきます。

複数あるノートの管理(復習など)も、全てこの「復習チェック表」などを利用して行っています。

まとめ

1、ボイスレコーダー(カセットレコーダー)
2、カセットテープ
3、DVDプレーヤー(リージョンフリー)
4、DVD
5、アップル製品(IPhone、iPad、iMac)
6、付箋
7、インデックス
8、ノート(大中小サイズ)
9、ルーズリーフ
10、ボイスレコーダー(ICレコーダー)
11、英単語アプリ
12、一人練習用の自作カード
13、電子辞書
14、動画配信サービス
15、SNS(インスタグラムの勉強垢)
16、オンライン英会話(ネイティブキャンプ)
17、アプリ(スタディプラス)
18、エクセル(自作の計画表、復習チェック表、目次リストなど)

以上、古いものから新しいものまで、全部で18個の歴代語学グッズを選びましたが、勿論、他にも色々と勉強に役に立つものがあるので、またその都度紹介したいと思います。

関連記事

独学でいきなり英検1級に挑戦することは無謀か?

「英検」自体が初受検でいきなり英検1級挑戦は無謀か? 独学(それまでとは全く異なる独自の方法・考え方)で英語の学び直しを始めた上に、 私…

【大学受験〜英検1級】歴代おすすめ英単語帳11選!使った順番に紹介

今までに使った・使ってよかった歴代の英単語帳を、使った順番に紹介します。 【初級〜中級レベルの英単語】 主に大学受験用に使ってい…

【映画や海外ドラマを使った英語勉強法】3つの学び方と気をつけるべき9つのポイント

リスニングの力を伸ばすために、もう何年も続けていることがあります。大好きな映画や海外ドラマを英語音声のみで理解するためのトレーニングです。あ…

スランプ&勉強に行き詰まった時の対処法6選

何か大きな夢や目標があって、毎日勉強を頑張っていても、行き詰まったりスランプに陥ったりすることは誰でもあると思います。 そんな時に大切…

【福沢諭吉に学ぶ】学問・勉強をすすめる理由8選ー勉強で身に付く13の武器とは

福沢諭吉「学問のすすめ」 『なぜ勉強をすることが大切なのか』 人によって、色々な答え(人生や価値観など)があると思いますが、学問の大…

【日本で英会話力を身につける方法4選】一人練習のやり方・おすすめ英会話スクール&オンライン英会話も紹介

留学前に日本でしていた英語学習 私は、ある程度、日本で英語を身につけてからカナダに留学をしました。特に効果的だった方法がいくつかあるので紹…

【付箋ノート勉強法】6種類の英語付箋ノート&おすすめ付箋7選〜カラフルな色で楽しむ英語の学び方〜

「付箋ノート勉強法」で英検1級合格 勉強において大切なのは、能力や才能のあるなしではなく、 「楽しい・面白い・興味深い」などと思えるよう…

【英語学習の疑問】ノート作りは無駄?書いて学ぶ9つのメリット&4つの注意点

「正解のない問い」に対する自分なりの答えを持つ 英語学習、特にノート作りや書いて学ぶことに関しては、賛否両論がありますが、勉強方法に関して…

【家庭学習応援サイト5選】予習・復習に役立つ無料の授業動画紹介

新型コロナウィルス感染防止のため、一部の学校では授業が進む一方で、首都圏を含む多くの学校においては臨時休校が延長され、子どもたちの学びの機会…

文章術&書く力を鍛える方法7選【ブログ・論文・レポート・英作文など】

ブログやSNSなどを通して、個人が自由に発信できる機会も増えたので、「文章力を身につけたい」と思っている人は多いと思います。私自身も、英語で…

勉強がうまくいかない&結果が出ない時の対処法9選【英語の勉強との向き合い方】

どんなに真面目に頑張って勉強を続けていても、思ったように結果が出なかったり、勉強がうまくいかずに悩んだり落ち込んだりすることは、誰にでもある…

【英語教育&英語学習の誤解12選】意外と知られていない英語教育界の常識

「使える英語力」として、特に話す力の重要性が強まる中で、個人的に違和感を持っていたのが、まるで「使える英語力=話せる力(英会話)である」とい…

【英語学習の手順&計画の立て方】勉強前にやるべき6つの準備〜ノートの復習方法とオリジナル計画表も紹介

いきなり勉強してはいけない理由 いざ、英語の勉強を始めようと思っても、「何から始めたら良いのか分からない」と悩む人は、少なからずいると思い…

【英語学習おすすめ映画50選】歴代の英語視聴覚教材をまとめて紹介

【厳選】歴代の英語視聴覚教材50選 映画(海外ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなど含む)は、楽しく英語を学ぶことができる「視聴覚教材」だと…

【結果を出す人の特徴と共通点6選】1日の勉強時間はどれくらい?勉強の量と質どちらを優先すべきか?

勉強で結果を出すために必要な6つの条件 勉強の量と質、(どちらも大事という前提で)どちらを優先すべきか? よく議論されるテーマの一つです…

英検1級で学ぶ戦争と世界平和

戦争体験のない私が、はじめて原爆の恐ろしさを感じたのは、 小学校時代の夏休みの登校日(8月6日)。 体育館に展示されていた(原爆…

【英語学習のロールモデル】歴代「憧れの英語モデル」12選

憧れの英語モデル 人それぞれの好みや憧れがあると思いますが、英語学習を続ける過程で、「英語のロールモデルを持つこと」(お手本を作る・真似る…

【歴代の英単語勉強法9選】書く派?書かない派?暗記の9つのコツ〜初級から英検1級レベルまで〜

英単語の効果的な覚え方9選〜4技能を関連づけて学ぶ〜 人それぞれ、目指しているレベルに応じて、色々な英単語の覚え方(暗記方法)があると思い…

【成功の定義】本当の成功者とは?「長く続く確実な成功」と「長く続かない儚い成功」の違い

成功の定義 「成功者」と聞いて、どのような人(イメージ)を思い浮かべますか? 時代とともに人々の価値観や見方も変化するし、何を持って「成…

効果的な世界史勉強法12選【英語学習で必要な知識・教養】ノートで紹介

世界史の必要性 私は、英語の学び直しと同時に、世界史の学び直しも始めたのですが、(英検1級の勉強をする中で)改めて痛感したことが、英語学習…

勉強のモチベーションを保つ方法10選

勉強において最も大切な要素は、「モチベーション・やる気」であり、これがあるのとないのとでは、 (勉強をするかしないか・勉強を続けられる…

【英検1級の基礎力】背景知識を身につける方法6選〜英文の背景を学ぶ12のメリットとは?

英検1級の「3つの基礎力」とは? 英検1級に挑戦する上で、個人的に必要不可欠だと思う(1級の)「基礎力」は、以下の3つです。 1、あ…

【英検1級おすすめ教材18選】使ったテキストだけ紹介

英語関係のテキスト教材はいくつも所有していますが、その中から英検1級の勉強(英語4技能、語彙、背景知識など)で「使ったものだけ」を厳選して1…

【英検1級合格までの道のり】独学でできる英語の4技能勉強法〜差がつく二次試験合格のコツ6選〜

独学でいきなり英検1級に挑戦 英検1級の勉強(学び直し)の過程において、具体的に、どのように英語の4技能を勉強してきたのかをまとめます。 …

【英語学習の基本】自分に合った勉強法を見つける3つのポイント&苦しい勉強を楽しくする方法

他人にとって遠回りでも、自分にとっては近道なこともある 「遠回りをすること」は、悪いことのように言われることがありますが、 人それぞ…

【SNS疲れや他人が気になる人必見】「自分に集中する」ために大切な7つのこと

一度きりの自分の人生。どうせ同じ時間を過ごすなら、ネガティブでマイナスな気持ちで過ごすよりも、自分をしっかりと持って、ポジティブでプラスな気…

【英会話力を伸ばす最速の方法】外国人の恋人を作ることは語学上達の近道か?

人によって、英語を学ぶ目的や理由は、色々あると思いますが、ほとんどの人に共通しているのは、海外や外国人や英語に対する「憧れ」があると思ってい…

【英語教師の英語力】英語教師に英検1級は必要か?

英語教師の英語力 英検1級の勉強を始めたきっかけ 私が英語の勉強をやり直したきっかけは色々ありますが、その一つは、「英語教師の英語力」に…

【英語学習の心得9選】真の国際人が持つ7つの資質とは?〜映画「マダム・イン・ニューヨーク」を見て〜

英語学習の心得として、個人的に大切にしていることがいくつかあります。 その上で、ヒントになった映画があるので、 この記事では、その映画「…

【英検1級の価値5選】合格して得た「本当に価値あるもの」〜勉強と学びの違いとは?

【本音】私が「英検1級」にこだわった6つの理由 英語の資格(特に英検やTOEICなどの勉強)は無意味だ。 と言われることがあります。 …

ページ上部へ戻る