© SELMA All rights reserved.

情熱の画家 フリーダ・カーロの生涯

アルゼンチンの革命家チェ・ゲバラや大統領夫人エビータ、スペインの女王フアナなど、スペインやラテンアメリカの人物はマイナーに見えて、意外と注目され映画化されています。フリーダもまたその一人です。

ラテン系女性は、情熱的なイメージがあり、個性的でとても成熟して見えます。内面から滲み出る情熱(時に狂気)は、その美しさをさらに際立たせているように思います。そんな彼女たちの恋愛もやはり激しく、強烈で、色々な形があります。

例えば、このブログで紹介した女性を例に挙げると、

(1)フアナのように、生涯一人の男だけをひたすら一途に愛する女。

(2)カルメンのように、燃えるように情熱的だけれど、短く儚い恋を重ねる女。

そして、今回紹介する
(3)フリーダのように、数多くの恋愛を楽しみつつも、結局は一つの愛を貫く女。

良く言えば、情熱的なのですが、女の情念(愛やら嫉妬やら欲やら)が描かれ、人間関係もドロドロなものが多いです。でも、そんな彼女たちの魅力に惹かれて止まない私です。

1910年のメキシコ革命の起こるちょっと前(1907年)にフリーダ・カーロはメキシコで生まれ、激動の時代に愛と苦悩の波瀾に満ちた人生を歩みました。彼女の生涯をいくつかのキーワードで示してみてもあまりにもドラマチック。

バス事故―鉄棒に処女を奪われた

1925年9月。18歳の頃、恋人と乗っていたバスが、路面電車と衝突。この事故で彼女の背骨、肋骨、骨盤、鎖骨は砕け、右足はつぶれ、もともと小児麻痺で数年前から不自由だった右脚は、10ヶ所以上が骨折したといいます。フリーダは瓦礫の中で血と金粉にまみれ. 半裸状態で鉄棒に突き刺されて発見されました(鉄棒は左臀部から膣を貫通して腹部に深い傷を残し、子供も産めない身体に)。「バスの鉄棒に処女を奪われた」という彼女の言葉は有名です。

夫となる画家ディエゴ・リベラとの出会い

21歳の年齢差を超え、フリーダとディエゴは、「互いのために生まれた」と信じ、相手への忠誠を誓いました。キリスト教において「愛」は、①エロスέρως(主に男女関係の性愛、肉体的な愛)、②ストルゲーστοργή(主に親子関係など血のつながりのある人への愛だと思っていたのですが、ウィキペディアによると師弟関係にある相手への尊敬を含み、従う、崇高な愛でもあるとか…)、③フィーリアφιλία(友情愛)、 ④アガペーαγάπη(キリスト教でいう一般的な「愛」であり、万人に平等な、無条件の愛。神の愛)… という具合に、主に四つに分類されます。このなかの愛でいうと、フリーダとディエゴの愛は、男女の関係にある以上、①エロスはもちろんですが、根本的には、②ストルゲーといえるでしょうか(ストルゲーに師弟関係も含まれるのならば)。個人的に、とても関心のある愛です。

夫の裏切りへの苦悩(浮気、嫉妬、流産)

しかし、結婚生活は順風満帆ではなく、女好きな夫ディエゴの浮気に悩まされる日々。あろうことか、この男、フリーダの最愛の妹クリスティーナにまで手をだしたことも!このことはとりわけ彼女の心を傷つけ女(妻)としてのプライドを傷つけずたずたにしました。愛する人の裏切りからくる絶望感と嫉妬心は、(たとえば女王フアナのような)もとは大人しく、純粋で従順な、優しい女性が怒りと悔しさで気が狂ってしまうほど女性にとって大きなダメージを負う(愛憎が強すぎれば強すぎるほど、時に相手や自分自身をも傷つけてしまうほど)恐ろしいものです。フリーダも例外ではなく、夫を心そこ愛している彼女にとって、それはもう、腸が煮えくりかえるような思いだったことでしょう。

「私は人生でふたつの大きな事故に見舞われた。 ひとつは路面電車にひかれたこと。もうひとつはディエゴよ」

とまでいう始末。ショックは大きく、何度か子どもを身ごもるも流産するほどにまで。しかし、そんな中でも、(“目には目をと”いわんばかりに“浮気には浮気で仕返し”するものの(←ここが一途なフアナとの違いなのですが)根本的には最後まで夫への(一つの)愛を貫いたということに、同じ女性として感銘を受けました。

事故の後遺症と苦悩(激痛)

精神的苦痛に加え、後遺症による激痛が彼女を襲いました。激痛と苦しみの中で貫いた夫への愛-様々な想いを絵にフリーダは、彼女自身の生涯と夫リベラへの愛を、痛みと苦悩と嘆きで綴り、心からあふれ出る想いをすべて絵にぶつけました。素晴らしいのはここです。事故の後遺症と、夫の度重なる浮気や裏切りへの苦痛と苦しみに耐えながらも、夫を束縛したり罵倒しようとはせず(勿論フリーダも黙って耐えたわけではなく、浮気や恋の仕返しはしたもののそれでも最後まで夫への愛は保たれたのです)、ひたすら自らの想い(夫への愛とそれに付随する様々な負の感情)を芸術にぶつけました。

彼女の作品は、いずれも見ているだけで、彼女の心と身体の痛みが伝わります。これが彼女なりの愛や苦しみの表現だったのでしょうか。このように、見る人の心にひしひしと言葉をこえた何か(情熱、愛、嫉妬、苦しみ、哀しみなど)が伝わってくるという意味で、メッセージ色が強い作品であり、強烈なまでにひきつけられるので、少し暗さはあるものの、個人的には大好きな画家です。

関連記事

フアン・ルイス「よき愛の書」に学ぶキリスト教の教えー「狂った愛」に付随する8つの大罪と武器

フアン・ルイス「よき愛の書」Juan Ruiz"Libro de Buen Amor" (1330)は、聖職者である主人公イータの司…

「ルカノール伯爵」と「よき愛の書」比較論ー二つの作品の面白さ

フアン・ルイス「よき愛の書」を読み、さらにその後に、ドン・フアン・マヌエル「ルカノール伯爵」を読むことで、前者を読んだ時点では見えな…

「ヌマンシアの包囲」考察〜セルバンテスの視点から見るヌマンシア戦争の意味

「ドン・キ・ホーテ」でも有名な、劇作家セルバンテスの「ヌマンシアの包囲」は、紀元前2世紀に、古代イベリア半島の小さな都市ヌマンシア市民が、大…

20141/24

映画「女王フアナ」に見る女の”狂愛”ーMadness of Love 【愛と嫉妬は紙一重】

スペインの映画「女王フアナ」(Juana la loca)を紹介します。 「狂女」と呼ばれた「女王」 「狂女とよばれてもいい。あ…

20161/9

【嫉妬の罪】「カルメン」 に見る破滅愛の代償

「カルメン」は、スペインが舞台の作品ですが、原作はフランスの作家プロスペル・メリメが1845年に発表したあまりにも有名な中編小説です。 …

20145/9

スペイン映画「ハモン・ハモン」の面白さ

「オズボーンの牛(Toro de Osborne)」をご存知ですか? スペイン出身の女優ペネロペ・クルスのデビュー作(スペイン映画)「ハモ…

20151/29

【海よりも深い愛】マルティナは海ーSon de Marー

大好きなスペインの映画「マルティナは海」(Son de Mar)を紹介します。 マルティナは海 [DVD] 舞台は、…

「わがシッドの歌」の面白さーレコンキスタの英雄シッドの強さと魅力

「わがシッドの歌」("Cantar de mio Cid")を読み、シドをはじめ物語の登場人物や人間関係、そしてその外部に広がる歴史的背景に…

ロペ・デ・ベガ「フエンテ・オベフーナ」考察ータイトルの劇的意味とその妥当性ー

「宗教騎士団」とは、中世において聖地巡礼者保護・聖地防衛を任務として設立された、騎士道と修道精神をあわせ持つ修道会であり、第一回十字軍の遠征…

【幸せの定義】心を通して見える「目には見えない本当の幸せ」とは

心の目で見る 外見や上部だけではなく、人や物事の本質を見抜くためには、 心の目で見ること、つまり、目ではなく、心で見ること(目には見…

大英帝国のアジアイメージ

本書の大きなテーマは、19世紀イギリス(大英帝国)から見たアジア(中国、インド、日本など)のイメージです。 大英帝国のアジア・イメ…

アルゼンチンの大統領夫人エバ・ペロンーエビータの魅力と影響力 

スペインは第二次世界大戦後、国際的孤立(1946~)を強いられる中、アルゼンチンとポルトガルの二国のみ国交を維持していた。特に国連で唯一スペ…

【ドン・フアンの9つの魅力】ティルソ・デ・モリーナ「セビーリャの色事師と石の招客」考察

今まで読んだ中で最も面白かった作品。 ものすごくプライドの高い超一流の美女たち(四人)が次々と色事師ドン・フアンに騙されていく…

【学問•勉強編】2021年の抱負「学業専念」〜学徳を深める〜

あけましておめでとうございます。謹んで新年のお慶びを申し上げます。 2021年が、皆様にとって健康で実りの多い、素晴らしい一年…

アルフォンソ10世「聖母マリア頌歌集」考察―歌に見る聖母マリアイメージ

カンティーガ(Cantiga)とは、中世のイベリア半島における単旋律の歌曲(頌歌)である。ヨーロッパに広がる聖母マリアにまつわる伝説を基にし…

【英語学習おすすめ映画50選】歴代の英語視聴覚教材をまとめて紹介

【厳選】歴代の英語視聴覚教材50選 映画(海外ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなど含む)は、楽しく英語を学ぶことができる「視聴覚教材」だと…

効果的な世界史勉強法12選【英語学習で必要な知識・教養】ノートで紹介

世界史の必要性 私は、英語の学び直しと同時に、世界史の学び直しも始めたのですが、(英検1級の勉強をする中で)改めて痛感したことが、英語学習…

20203/25

【国民性ジョークに見る日米のイメージ】日本人の集団主義とアメリカ人の英雄主義

「国民性」に対するステレオタイプ 「日本人は〇〇だ」とか、「アメリカ人は●●だ」とか、「中国人は△△だ」などという具合に、単なるステレオタ…

ヨーロッパ中世のイメージ再考

歴史学と一口でいってもその分野や時代は様々ですが、中でも、個人的に最も心が惹かれるのは、「ヨーロッパ中世」です。宗教裁判、異端審問、キリスト…

【世界の教育格差】メキシコの初等教育普及過程における苦悩とその影響ー日本との比較から考察

メキシコにおける初等教育普及は、近代化を進める手段として1910年のメキシコ革命以来の課題であったが、実際、その歩みは日本などと比べて遅々と…

【英語学習の心得9選】真の国際人が持つ7つの資質とは?〜映画「マダム・イン・ニューヨーク」を見て〜

英語学習の心得として、個人的に大切にしていることがいくつかあります。 その上で、ヒントになった映画があるので、 この記事では、その映画「…

ゴヤの名画「裸のマハ」の謎ー実際のモデルは誰なのか?

スペインの映画 "Volavérunt"(邦題は「裸のマハ」)。内容や映像は、最初から最後まで暗く、ストーリーや人間関係などもドロドロの愛憎…

「スペイン幻想小説」に見る二つの幻想ーロマン主義の特徴と魅力

特に気に入った、ロマン主義時代の二つの作品、ホセ・デ・エスプロンセダの「義足」と、フアン・バレラの「人形」における幻想を分析していく過程で、…

19世紀イギリスの社会と女性〜ハーディ「ダーバヴィル家のテス」に見るヴィクトリア朝時代の光と影

原作は、ヴィクトリア朝時代(後期)の文豪であるトーマス・ハーディの名作「ダーバヴィル家のテス―純情な乙女」(Tess of the d'Ur…

文学に見るエル・シドと『他者』との関係-作者の視点から見る主従関係のあり方

Ⅰ、はじめに 1043年、ブルゴスに生まれた武将エル・シド(本名はロドリーゴ・ディアス・デ・ビバール)は、スペインにおけるレコンキスタ…

19世紀イギリスの社会と学校教育―民衆教育遅滞の原因に関する考察【大英帝国の栄光の礎と影】

I. 近代化過程におけるイギリスの教育 イギリスは世界でいち早く市民革命、産業革命を経験し、近代化を進めた。しかし、その一方では、教育の近…

【映画や海外ドラマを使った英語勉強法】3つの学び方と気をつけるべき9つのポイント

リスニングの力を伸ばすために、もう何年も続けていることがあります。大好きな映画や海外ドラマを英語音声のみで理解するためのトレーニングです。あ…

文章術&書く力を鍛える方法7選【ブログ・論文・レポート・英作文など】

ブログやSNSなどを通して、個人が自由に発信できる機会も増えたので、「文章力を身につけたい」と思っている人は多いと思います。私自身も、英語で…

【福沢諭吉に学ぶ】学問・勉強をすすめる理由8選ー勉強で身に付く13の武器とは

福沢諭吉「学問のすすめ」 『なぜ勉強をすることが大切なのか』 人によって、色々な答え(人生や価値観など)があると思いますが、学問の大…

カルデロン・デ・ラ・バルカ「人生は夢」多角的考察

スペイン黄金世紀の劇作家カルデロンの劇「人生は夢」 ”La vida es sueño" の展開を分析していく過程で以下の問題について考えて…

20142/6

映画「ボーイズ・ドント・クライ」【衝撃の実話を基にした作品】

ブランドン・ティーナ(ティーナ・ブランドン)という人をご存じですか?映画「ボーイズ・ドント・クライ」の主人公であり、衝撃的な生涯を送った実在…

20151/23

【魂の踊りフラメンコ】妖しい魔力と魅力”Duende”を持つ情熱の女たち

黒木メイサのドキュメンタリー番組 「スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅」がとても素敵でした。 彼女自身、ラテン(ブラジ…

「ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯」に学ぶピカレスク小説の特徴と面白さ

主人公ラサロは、トルメス川の岸辺にある水車小屋で水車番をし、粉をひくのを生業とする父トメ・ゴンサーレスと母アントーナ・ペレスの息子と…

フェルナンド・デ・ロハス「ラ・セレスティーナ」の悲喜劇

『カルメン』のカルメンといい、『女王フアナ』のフアナといい、『マルティナは海』のマルティナといい、映画や文学におけるスペイン女性の描かれ方は…

ページ上部へ戻る